base

にゃんと?!また旅

カテゴリー

youtube instagram facebook twitter

謙信を裏切った城〜椎名康胤の魚津城〜

魚津城は戦国時代、椎名康胤(しいなやすたね)の城でした。
康胤は本拠地として松倉城(富山県魚津市)を持っていて、魚津城は松倉城の支城のひとつでした。戦の時は山城で堅固な松倉城を中心として守り、平時は機能的に支城を使っていたのかもしれません。

康胤は上杉謙信に従ったので、魚津城は「上杉家の城」でもあったのですが、一向一揆(いっこういっき:寺社が中心となって起こった反権力運動)が大きくなってきたことや、武田信玄の勢力拡大の影響を受けて、上杉謙信から武田信玄へと離反しました。このことによって松倉城も上杉から攻められることになってしまいました。康胤はこの戦でかなり奮闘したようですが、結局上杉が勝利し、魚津城は上杉のものとなります。
その後、上杉謙信が亡くなり、景勝が上杉の跡継ぎとなりましたが、今度は織田の家臣・柴田勝家が魚津城を包囲しました。この戦いでは織田軍が勝利し、柴田勝家が魚津城に入りました。城を守っていた十三人の守将が自刃するという壮絶なものだったようです。しかしこの後、織田信長が本能寺で明智光秀に滅ぼされ、織田軍はこの城から引き上げてしまいます。

空となった魚津城には再び上杉勢が入りましたが、秀吉が光秀を破って清州会議での仕置きが落ち着くと、城は再び織田軍に攻められました。攻めてきたのはこの時越中を安堵された佐々成政です。成政に攻められると魚津城の守将は城を明け渡して撤退、再び織田軍の管理下に入ることになりました。

その後もさまざまな大名がこの城の城主となりましたが、やがて一国一城令によって城は無くなってしまいました。この辺りには多くの城がありましたが、そのほとんどはさまざまな勢力に翻弄され、今も城の形を残しているものはさほど多くありません。それは戦国時代に建てられた城の宿命だったのかもしれません。

取材・記事・編集=磯嶺裕・佐々木ひろこ・やすざえもん・ms-work(ミューズワーク)
絵=磯嶺裕・ツグイワチホ

※ 各記事の情報は取材当時のものです。

topback