base

にゃんと?!また旅

カテゴリー

youtube instagram facebook twitter

奥州仕置と伊達政宗に滅ぼされた城~薄衣城〜

鎌倉時代、越前国大野郡鳥田城を居城としていた千葉胤堅は、文武両道の武者だったと伝わります。陸奥国栗原郡に領地を賜った千葉胤堅は、現在の岩手県一関市に薄衣城を築いて居城としました。

その後、千葉氏は葛西高清と交戦しましたが敗北し、この頃より千葉氏は薄衣氏を名乗ったものと思われます。

時は流れ、天正18年(1590年)、豊臣秀吉は北条氏を滅ぼすために小田原征伐を行います。秀吉は小田原征伐を天下統一の仕上げと位置づけ、東北地方の諸大名にも大きな影響を与えました。薄衣氏の主君である葛西氏をはじめ、周りの諸氏は内政不安もあって、小田原に参陣できませんでした。このため彼らは秀吉の敵とみなされ、領地を没収されました。いわゆる「奥州仕置」です。

この処分に不満を持った薄衣常雄らは、秀吉の命を受けて攻めてきた伊達政宗に対して立ち向かいますが、やがて伊達の軍勢に押されて薄衣城まで後退し討死しました。※北上川中河原で自刃したともいわれています。

取材・記事・編集=磯嶺裕・佐々木ひろこ・やすざえもん・ms-work(ミューズワーク)
 コンテ=磯嶺裕 ラフ=なかむら歌乃 線画=なかむら歌乃 塗り=ツグイワチホ

※ 各記事の情報は取材当時のものです。

topback