base

にゃんと?!また旅

カテゴリー

youtube instagram facebook twitter

織田信長の崇敬を受け槍先を奉納された「綿神社」

愛知県名古屋市の綿神社は、北九州筑前国(今の福岡県)の志賀島の阿曇族の人々が、弥生時代前期、この地にやってきて海神・綿津見を祀ったのが始まりとされています。

このあたりには東海湖という巨大な湖があり、その大きさは名古屋市の全域、岐阜県の南部、伊勢湾と三重県の海岸線をすっぽり覆うくらいだったとされています。気温が下がり、弥生時代には低地だったところに大きな平野ができました。そこは肥沃な土地となり、人々は海岸近くに集落を作って暮らすようになります。

戦国時代、神社の近くに織田信秀、信長の2代に仕える重臣、平手政秀の邸がありました。政秀は荒廃していた神社を見かねて社殿を再建するとともに神領を与え、鏡と手彫りの狛犬を奉納したといいます。政秀は信長の守り役を任せられていましたが、信長の素行があまりにも悪いので、綿神社に何度も祈願に訪れました。

それによって信長の素行が良くなることはありませんでしたが、政秀の亡き後、改心した信長は天下統一を目指すようになり、戦勝祈願として綿神社に槍先を奉納したと伝えられています。織田家の崇敬を受けたことが後の時代へと引き継がれ、尾張徳川家もこの神社を大切にして、代々の藩主も参拝しました。

取材・記事・編集=磯嶺裕・佐々木ひろこ・やすざえもん・ms-work(ミューズワーク)
 コンテ=磯嶺裕 線画=海示 塗り=カタツモリ

※ 各記事の情報は取材当時のものです。

topback