base

にゃんと?!また旅

カテゴリー

youtube instagram facebook twitter

諏訪神社にまつわる伝承がきっかけの「吉田の火祭」

吉田の火祭りは、毎年8月26日と27日の2日間にわたり、山梨県富士吉田市で行われます。現在では北口本宮冨士浅間神社と諏訪神社の両社で行われますが、元来は諏訪神社の祭礼でした。上吉田地域を守る産土神でもあったため、浅間神社が関わるべき祭でもありました。

発祥に関する伝説はいくつかあります。西念寺の僧が木の枝で龍を作り諏訪神社に祀り燃やしたとする説、諏訪神社の祭神が戦をする際に松明を燃やしたとする説、一夜の契りで妊娠した浅間神社の祭神が相手から疑われ、潔白を証明するために自ら出入り口のない産屋を作り火を放ち、猛火の中で出産した故事による説などがあります。いずれにせよ、およそ400年以上前から行われていたとされます。

神輿が御旅所に収められると、大松明に火が灯されます。その後、通りにある松明や、家々の松明にも一斉に火が付けられます。参道約1キロ以上にわたる80基以上の大松明の宵闇に揺れる炎が、祭に参加する人々の高揚感を掻き立てます。参拝する人々の往来も盛んになり、いっそう賑やかになります。祭が終われば、いよいよ夏の富士の山じまいです。

取材・記事・編集=磯嶺裕・佐々木ひろこ・やすざえもん・ms-work(ミューズワーク)
 コンテ=磯嶺裕 線画=夢山紗也佳 塗り=にゃんまげどん

※ 各記事の情報は取材当時のものです。

topback